夜明けの美結

自分らしくあるがままに!私の成幸マインドブログ

芸人岩橋さん

やってはいけないことをしてしまうことでブレイクしたプラスマイナスの岩橋さん。

 

やってはいけないことをしてしまう衝動…

これはトゥレットの性分です。

 

凄いな

トゥレットを笑いの仕事にするなんて。

 

私には考えられない。

 

一緒に行動した島田紳助さんやダウンタウン浜田雅功さんら芸人の大御所から、なぜか気に入られ可愛がられる岩橋さん。

 

ご本人は一貫してクセだと言われていますが、やはりこの症状で幼いときから苦労したようです。

デメリットでしかなくコンプレックスの塊りだったクセを芸人になってからもずっと隠していて、高校の同級生だったコンビの相方(兼光さん)にも隠していたようです。

 

転機となったのは、同期だったジャルジャル司会のトークイベントで誰が聞いても分かるようなウソを言ってしまい、それをツッコんでもらったことで客がウケたこと。

 

周りは普通にネタとして笑っていたけれど、岩橋さんにとったら(ウソついたらアカン!)と思ってるのにどうしても出てしまったウソ話だったようで、隠していたクセが初めて受け入れられたようなそんな衝撃が走ったそうです。

 

ダウンタウンの浜ちゃんには、これも(絶対やったらアカン!)と思えば思うほどやってしまったらしいのですが、鼻がぶつかるくらいの至近距離でアカンベェをしたようです。笑

浜ちゃんに「お前、何しとんねん!」とツッコまれて

(ああ何もかもが終わった…。)

岩橋さんがそう思った瞬間、

「お前おもろいな。」

浜ちゃんは大笑いしながら、

「色々あるかもしれんけど絶対やり続けろ。

もしどこかで何か言われたら俺がやれと言ってるから言うたらええ。」

 

隠しに隠して死んでしまいたくなった時もあるほどイヤだったクセを、あの浜ちゃんが認めてくれたことは、岩橋さんにとって大きな自信に繋がったようです。

 

「マイナスと思っていたクセが今では自分の武器になっている。

そんな流れを作ってくれた周りの人に感謝しかない。」

 

そう言われる岩橋さんですが、私はそんな素晴らしい人たちを流れを引き寄せたのはやっぱり岩橋さんご本人の心のあり方なんだと思います。

 

「万事、あるがまま。

これが全て自分やし、これ以上でもこれ以下でもない。」

 

「今は本当に自然体でやらせてもらっている」

 

と言われる岩橋さんに同じクセをもつ者として、勇気をいただきました。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

美結