夜明けの美結

自分らしくあるがままに!私の成幸マインドブログ

瞑想

 エイブラハムのいうヴォルテックスに入るために

願望実現の達人が口を揃えて薦めるのが瞑想です。

 

しかし…
私にはこの瞑想がとても大変なのです。



そもそも瞑想しようと意識すればするほど体がムズムズして動いてしまうのですから、集中するどころかジッとするところから始まるのでなかなか疲れます。

ともすれば逆効果になってしまう。


なので私は夜寝るときの布団のなか、リラックスした態勢で行います。

 

ゆっくりと大きく息を吸ってー吐いてー吸ってー吐いてー。

呼吸しているだけで眠ってしまうことも多いのですが。笑

 

私の場合は、切羽詰まった問題や身体に不安がある時ほど集中力が増して瞑想しやすくなります。

 

それだけ防衛本能が働いて魂がヴォルテックスを求めているのか。

 

呼吸に一度集中することができると、体のムズムズもだんだん感じなくなります。

上手く表現できないのですが、体が無くなって心だけが浮かんでいるようなそんな感覚になります。

その間はチックも不快感も存在しません。

 

そして悩みであろうが問題であろうが願い事ですら

 

(もう全ては宇宙に任せよう)

 

(死ぬも生きるも何事も私にとって一番いいようにしてくれる)

 

そんな気持ちになるのです。

 

そしたらとてつもない安心感に包まれて、自分がいまここに存在しているだけで感謝なのです。


きっとこの感覚がヴォルテックスに入っている状態なのだと思います。

 

 

今朝は自治会の掃除だったのでその前に、近所のいつもの神社に行きました。

 

早朝の誰も居ない神社で何も考えず手を合わしていると心地よく瞑想に近い感覚になります。

すると色々な気づきが心に浮かんできます。

 

ヴォルテックスに入ると人間が如何に小さく非力な存在なのかを体感します。

けれど創造力の源と繋がっていることを思い出した人間の力は偉大です。

 

世界中こんなにもたくさんの人がいるのに、一人として同じ人がいない。

そしてそのなかの一人がいまここに居る私なんだと思うと、それだけでも奇跡の存在なんだよなー。

 

今朝はふとそんなことを思いました。


 

最後まで読んでくれてありがとう!

美結