夜明けの美結

自分らしくあるがままに!私の成幸マインドブログ

感情の22段階

 エイブラハム 感情の22段階

  1. 感謝/愛/高い評価/喜び・感動/大いなる気づき/自由/溢れる活力/自信
  2. 情熱
  3. 熱意・やる気/切望/興奮・熱狂/幸福感
  4. ポジティブな期待/信頼/信念
  5. 楽観
  6. 希望
  7. 満足・納得(現状肯定・ニュートラル)
  8. 退屈
  9. 悲観
  10. 欲求不満/ストレス/焦り・苛立ち/短気/我慢/不足・欠乏
  11. 戸惑い/圧迫感
  12. 落胆
  13. 疑い/不安
  14. 心配
  15. 非難/自責
  16. 挫折感/失望
  17. 怒り
  18. 復讐心
  19. 憎しみ・敵意/激怒
  20. 嫉妬
  21. 自信喪失/罪悪感/無価値感/自己卑下/恥/不安(身の危険)
  22. 恐れ/悲嘆/苦悩/憂鬱/絶望/無能感/無気力  

 

人間の感情を22個に分けたもので、上にいくほど波動は軽くて暖かく下にいくほど重くて冷たくなる。

どちらが心地よいか一目瞭然だ。

 

私は過去の大半を、このエイブラハムの感情でいうところの9番より下で生きていました。

もちろん1番上の感謝や愛情、感動だってたくさんありましたが、長年染みついた思いグセはもう無意識のように感情を最下層にもっていくのです。

 

昨日のブログで怒りが人間の原動力になることがあると書きましたが、何かに誰かに怒れるあいだはまだ、心が健康なのだと思う。

 

感情が最下層にあるときは怒りすら湧いてこない。

怒ることでさえ自分には許されないと思っているのだから。

 

そんな時にいくら楽しいことや嬉しいことを考えろと言われても無理やんね。

頭では分かっていても感情にギャップがありすぎてついていかないもん。

 

ワクワクなんてとてもじゃないけど感じられない。

 

だけど私の経験から、最下層から一気に1番上までいける感情が1つだけありました。

 

それが感謝の気持ち。

 

探してみると私たちには思いのほか感謝することがたくさんあって、不思議なもので最下層の気持ちにいるときほど感謝することってたくさん見付けることができるんですよ。

 

人生は成るように成っている。

それでいて細部にわたり魂の綿密な計算が施されているように感じます。

 

気持ちが最下層に落ちている時にこそ人はたくさんのことを学んでいるように今は思えます。

これも私にたくさんのその時があったから。

 

ワクワクできない人はまず何でもいいから感謝してみて。

 

誰しも感謝しているときこそが、本来の自分に戻っているときだから。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

美結