夜明けの美結

自分らしくあるがままに!私の成幸マインドブログ

むし

私の住んでる家はかなり年季の入った5階建ての集合住宅です。

 

私はその5階に住んでいるのですが、南北に窓がありとても風通しがいいので特に夏場は窓を開け放しています。

構造上と隣人への信頼度から一日くらいの留守なら開けっ放しです。

 

そのために網戸がついてない窓からは色んな虫が入ってくるのですが、一通り家の中をブンブン飛び回るとまた外へと帰っていきます。

 

でもなかには何日か出られずに電気の傘にしがみついてる者もいます。

私もそんなに虫が得意ではないので触れずに放っておくのですが、長くても3日もすれば出ていってくれます。

 

 

でもゴキブリだけは話が違います。

一度見付けたら最後、臨戦態勢に入ります。

 

この間はお風呂に入って体を洗っているその天井で見つけました。

体を泡だらけにして裸で臨戦態勢に入りました。

 

ゴツゴツとしたコンクリートの天井を、重力に逆らって這う危なっかしい姿にドアを閉めて呼吸を整えます。

 

置き型殺虫剤のお陰かたまたま運が良かったのか、ここ2年ほどは家のなかで姿を見ていなかったので耐性が全くついていません。

 

(でもまあとりあえず夏でよかった…)

(一人暮らしが一番身に染みるときやな…)

いろいろと思いながら古い殺虫剤を手に風呂場に戻ります。

 

そっとドアを開け恐る恐る見上げてみると…

(いない!!)

(でもそんな筈はない)

窓は開いているけど換気用の窓。

(そんなうまい具合に出ていく筈はない!)

 

パニックになりながらも辺りを見回す私の死角から、いきなり現れた黒い物体。

 

「こーのゴキやろう!XXXXXXXX!!」

 

裸の格闘が終わったのは見付けてから1時間後のことでした。

 

 

…前置きが長くなりましたが、今回家に入ってきたのは緑色の虫。

 

調べてみるとカメムシっぽい。

このカメムシは2週間は私の家に居ました。

 

最初はやはり電気の傘に留まっていましたが、そのうち見なくなったので出ていったと思っていました。

 

それが今朝、食卓のシャモジの上に留まっているのを発見。

 

「まだ居たんか?もう2週間は経ってるで。」

「出られんのか?」

 

なんか話しかけてる自分が恐いですが、妙に愛着が湧いてきて思わず写真をパチリ。

 

f:id:miyuyuzuki:20191010132033j:plain

 

シャモジごとベランダに持って行って植木に止まらせ

(最後にもう一枚)

スマホを向けると、どこかへ飛んでいってしまったカメムシちゃん。

 

 

 「元気でね~!」

 

自分が安心できる者には寛大になれます(^-^;)

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

美結