夜明けの美結

自分らしくあるがままに!私の成幸マインドブログ

ネガティブ週間

この数日間、私の思考はネガティブでした。

自分の思考と感情がネガティブの谷底へと真っ逆さまに落ちていくようでした。

 

この一週間の私の思考と感情です。

ネガティブ週間

月曜日 人間関係で腹の立つことばかり。感情を押し殺して我慢。一日中イライラ。
火曜日 職場で何ともいえない疎外感、孤独感に見舞われる。
水曜日 お金に対しての不足感と欲望に囚われる。
木曜日 やる気が全く出てこない。怠惰な自分に罪悪感が湧いてくる。
金曜日 未来への不安と焦りから、逃げるように酒を浴びるほど飲んだ。
土曜日 自己嫌悪と自己否定。酷い二日酔いとウツで消えたくなる。

内容が暗すぎるので文字だけでもカラフルにと思いました。(^_^;) 

 

なぜいきなりこんなにもネガティブ感情が湧きだしたのか自分でも分からなかったけど、今日ふとこのネガティブ週間が始まる前日の日曜日に母と出かけていたのを思い出しました。

 

それは娘の誕生日が近いことから神社参拝に前々から誘われていたのですが、断るという選択肢はもちろん無く、母の言う通り用意してくれた礼服を着て娘と車で迎えに行きました。

私と母の間では何度か険悪なムードが漂いましたが、せっかくのお参りの場そこはグッと堪え気分を切り替えました。

 

母は自分がしてやりたいと思ったことがやっと出来たと満足していました。

私は感謝を伝え母を実家へと送り届けました。

 

母と出かけるといつも気が疲れます。

チックの症状にも未だにツッコミを入れてくるので出来るだけ我慢します。

すぐに感情的になる母が機嫌よく帰ると心底ホッとするのです。

 

母には感謝していますし、今回も普通に有り難い話なのです。

 

それなのに、内側からムズムズと顔を出す反発心。

それを必死に抑え込み見ないふりをする。

この母への複雑な感情がどうしても無くならない。

 

分離しながら何十年も一緒にいた子供の私がまだ存在しているのです。

 

インナーチャイルドと統合してもその存在はなくならない。

見えないふりをされた子供の私が自分の存在を主張してきます。

 

人が苦しくなるのはネガティブな感情そのものではなくてそこに執着するから。
ネガティブな存在はただの存在として、認めながらも執着せずに手放すこと。

 

統合するための1つのポイントなのだそう。

 

頭では分かっているつもりですが、つい感情を掴み続けては思考の罠にハマってしまいます。

 

でも今日それに気付いて認めたら、またスッと心が軽くなりました。

あれだけネガティブ思考に囚われていたのに、感情を手放した瞬間楽になりました。

 

でも…ネガティブ感情を手放すときってちょっとした覚悟がいるんだよな。

ある意味そのなかに飛び込んでいくような感じがするから。

だから何かを強烈に信じていないとなかなか飛び込めない。

 

神さまとか宇宙意識とかハイヤーセルフとか対象は色々あるけど、結局は自分の魂の源を信じるしかないんだよな。

 

これからもインナーチャイルドが主張してきたら認めて手放そう。
繰り返し繰り返し、ただただ繰り返す。笑

手放しの練習だな。

 

何はともあれ私に気付きのキッカケをくれる母親はやっぱり有り難い存在なのです。

 

最後まで読んでくれてありがとう!

美結